MASTイチイ賃貸情報。お知らせ・ニュース

空き巣被害に遭わない「ディンプルキー」

防犯対策に強い「ディンプルキー」

ピッキングしにくく、防犯対策に強いと言われている「ディンプルキー」をご紹介いたします。

「ディンプルキー」とは、ディンプルが [くぼみ] 、キーが [鍵] の意味があり、
凹みの穴の深さで鍵の組合わせを形成しています。

ピッキング対策により、ギザギザの一般的な鍵よりも
「ディンプルキー」の方が防犯性が高いと言われています。

ディンプルキー

一般的な鍵との違い

「ディンプルキー」と、一般的な鍵の違いは、【 形 】です。

メーカーにより異なりますが、一般的な鍵は、縦型や横型の2種類あり、
下記写真のように、形状が [ギザギザ]したものが主流です。

ディンプルキー

それに比べ、下記写真のように、「ディンプルキー」は、[丸いくぼみ] が複数あるのが特徴です。

ディンプルキー

左から、MIWA、GOAL、WESTのメーカーの「ディンプルキー」です。

形状は異なりますが、「ディンプルキー」かは、人目見れば、すぐに分かると思います。

「ディンプルキー」の強み

「ディンプルキー」は、複数のくぼみを利用して、鍵をかけるため、
これまでのピッキングでは開錠ができにくくなり、ピッキングに強い構造、複雑な構造になっています。

そして、一般的な鍵の場合、『使っているうちに折れてしまった』というトラブルをよく聞きます。
ディンプルキーは構造上、厚みがあり、通常使っていて折れることは、まずないようです。

また、「ディンプルキー」で、ワンドア・ツーロック(玄関Wロック)タイプもあり、
2つ鍵穴がある分、ピッキングに倍の時間がかかると言われ、防犯対策として、たくさんの物件に使われています。

リバーシブルで両面使える「ディンプルキー」が多く、
抜き差しの際もスムーズでひっかかりがなく、力の弱いお子様やお年寄りの方でも使いやすいです。

防犯対策が気になる方は、店頭で「ディンプルキー」の物件か、お尋ねください。